【大学は多すぎるか否か】

今朝、
日本の大学は多いのか少ないのか、対立する2つの見解 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47933
という記事を読みました。

それを読んで出てきた意見を書いておこうと思います。

企業側としては、学生が勉強をしていたかどうかは、短い採用期間では正確には判断ができない。現状、経済学で言うところの、シグナリング効果
( https://www.blwisdom.com/dictionary/item/6126-100832.html )を得るための場でしかありません。

それほど勉強しなくても入ることのできる大学には、間違ったシグナルを出す人(大学は卒業しただけで、普通科の高卒と何ら変わらない能力の人)の割合が高いと思っていて、だから、学生と企業のミスマッチが起こると考えます。これは、「就職して3年以内に3割が離職する」要因のひとつになっていると思います。

大学の数を減らせば上の問題を解決できる上、大学に通っている間の4年間分の労働力が大幅に増えます。さらには、奨学金を借りる人が減るので、返す必要がないという気持ちの余裕から、消費が拡大するかもしれません。また、一部の優秀な学生に多分に奨学金を給付できるようになります。

ただ、これは勝ち組の理論であって、公平性の観点からは問題が残ります。
しかし、そもそも大学には通う必要なんてないのに、通う選択をしたのなら、少しでも主体者意識を持って勉強したらいいのになと僕は思います。単純に、時間とお金がもったいないなと感じるからです。

大学教育の問題ないしは就職活動の問題においては、大学、学生、企業の思惑が複雑に絡まりあっているので、一筋縄にはいかないなと、改めて感じました。

上のふたつの問題に関しては、
『なぜ日本の大学生は世界でいちばん勉強しないのか?』
という本に分かりやすくまとまっていると思うので、興味がある方は是非手に取ってみてください!

【人間として大事なものって、、続き】

明確な質問をするためには、何がわからないのかが、分かっている必要があると気付きました。そして、何がわからないのかを把握するためには、まずやってみることが必要だと考えます。

僕自身、塾講師をしていて一番困ることは、何がわからないのかわからない状態で、質問されることです。ただ、それをあぶり出して解決することは、お客様である生徒さんに対する仕事の一部なので、喜んで応えます。

しかし、大学生にもなって、わからないところを把握していない状態で質問する人は、本当にそれを解決した先にある、目標や目的を達成したいのか?と疑ってしまいます。

質問されることが、嫌だといっている訳ではありません。むしろ、教えることで自分も賢くなる上、信用されていると感じるので、質問されるのは嬉しいです。

でもね、それを解決して、一番嬉しくならないといけないのは、他ならぬあなたでしょ?
なのになんで準備してこないの?
って思ってしまうわけです。お節介ですかね。笑

①やってみる
   ↓
②わからないところが出てくる
   ↓
③あらゆる方法で調べてみる
   ↓
④それでもわからない
   ↓
⑤分かりそうな人に質問する

上のような当たり前のことができる人でいっぱいなったら、世界は少し平和になる気がします。

では!!!笑

【人間として大事なものって、やっぱり。】

僕が思う、頭がいいなと思う人の特徴は、何を知りたいのかが、分かりやすい質問をすることです。そうすることで、無駄なやり取りをすることを防ぐことになり、相手の貴重な時間を守ることができます。時間を取ってくださってるという意識があれば、無目的な質問をするはずがないと思います。もちろん、自分の時間を守ることにもなります。

仮に、僕の寿命が81歳だとしたら、
残り約1,892,160,000秒の命です。

意外と短くないですか?
今、この投稿を読んでくださっている
21歳の方も同じです。
大事にしたいですよね?

親など、質問を受け付けてくれる人は
もっと短いのです。

自分の時間を大事にしたいなら、他人の時間も大事にすることが、誠実に生きることなのかなと考えます。

結局、人に対して、また自分に対して、誠実に生きているかどうかが、頭がいいかどうかより、人間として大事なものなのだと考えます。

入り口と結論がずれてしまいました。笑

無理に修正するなら、他人の時間を大事にする人は、自分の時間も大事にすることができる人だと思います。

なので、その時間を、
費用対効果の高い、
(コストパフォーマンスというやつです)
活動に当てられるので、結果として、
頭がよくなるのだと思います。笑

ここまで書いてみて、
最近、SNS(特にTwitter)を眺めるだけの無駄な時間が多いことに気付きました。

それを少しずつ減らしていき、会いたいひとに会ったり、本を読んだり、に使っていきます。

ここまで書いて、
実践しないのはダサいので。笑

最後まで読んでくださった皆さま
ありがとうございました!

初めての

はじめまして!

先日、初めて海外に、それも中国に行ってきたので、軽く振り返っておきたいと思います!

イライラしたことランキング
1.言葉が通じない
2.めっちゃパワープレーしてくる
3.室外機からの水を街のいたるところで浴びる

言葉通じないのは、自分の勉強不足ですね~、、
パワープレー(順番抜かしするためにガンガンぶつかってくる)は、島国の日本とは違い大陸国なので、常に競争にさらされている環境であることを、頭に入れておけば予測できたことなので、準備不足という点で、これも自分の勉強不足ですね~、、
室外機は、、、諦めて受け入れるしかないですね~笑

美味しかったものランキング
1.青島ビール(純生)
2.ジャガイモを千切りにして炒めたやつ
3.水餃子

f:id:kenya-goal:20160819082322j:plain
6種類くらいから、4種類を選んで飲み比べた結果、純生というものが一番美味しかったです!中華料理の味が濃いので、薄口の青島ビールをゴクゴク飲める印象です!ぜひ一度お試しください!

f:id:kenya-goal:20160819082355j:plain
ジャガイモを千切りにして炒めたやつは、日本では見たことないので、もし中国に行く機会があれば食べてみてくださいね!

水餃子は、日本でもあるのでコメントは省きます。笑

楽しかったことランキング
1.めっちゃきれいなビーチで泳いだこと
2.山に登って絶景を見たこと
3.既視感のある遊園地で遊んだこと

f:id:kenya-goal:20160819082257j:plain
どうですかこのビーチ。



f:id:kenya-goal:20160824100607j:plain
そしてこの幻想的な景色。心が洗われました。泳ぐのも、スッゴい気持ちよかったです。ひとつ言うなら、めっちゃ海しょっぱかった~笑

f:id:kenya-goal:20160819082622j:plain
山登りは、高所恐怖症なので、ケーブルカーで上っているときは、めっちゃ怖かったです。が!しかし!そんなことも忘れさせてくれるくらいの絶景が、そこには広がっていました!山って良いね!

f:id:kenya-goal:20160819082710j:plain
ご覧の通り、USJTDRの要素が組み合わされた遊園地でした、笑
普通にたのしかったです、笑

ビックリしたことランキング
1.バスに1元(15円ほど)で乗れること
2.中国の人は常温の水が好きなこと
3.中国のスクリーンは日本の2倍

15円ですよ!?安すぎません?笑
スッゴい満員の時は隣の人の汗がついて、不快な思いになりましたが、自分の汗も誰かにつけてしまっているはずなので、お互い様ですね、笑 良い思い出です笑
店では、冷たい水を頼まなければ、白湯みたいなあっついのが出てきました。笑
スクリーンがでかすぎて、ちょっと首が痛くなりました。(盛りました。)

課題だと感じたことランキング
1.言語の勉強不足
2.歴史の勉強不足
3.文化の違いにイライラしたこと

こんにちは、ありがとう、愛してる、くらいしか知らない状態で中国入りしたので、そりゃそうだよね、って、笑
新たに言えるようになったのは、どういたしまして、と、結構です、です。笑
英語がまだまだ全然話せないので、英語がある程度話せるようになってから、第2言語のフランス語や中国語などの、日常会話程度は出来るように勉強していきたいと考えています。
高校生の時に、世界史の中で学んだ中国史を、意外と忘れていて悔しかったです。笑
中国人の友人には驚かれるくらいには覚えていたのですが、、、笑
趣味で世界史勉強します。笑
日本では、自分をコントロールして、イライラすることを回避できるようになってきましたが、文化が違うというだけでイライラしてしまいました。
日本でも、文化や価値観を尊重することは、コミュニケーションを取る上でも大切なことだと思うので、そこを伸ばしていく必要があると感じました。

最後に、山登りの時のバスガイドのお兄さんがすごく優しくて、、
中国=自分本位な人たちの集まり
という、知らず知らずのうちに形成していた偏見を取り除く必要があると感じました。

ここまで読んでくださったみなさん、ありがとうございます!

では、また!!!